2011年12月19日

能登日記最終回

 はい、最終日

 さくっと終わらせましょー

 えっ? 誰も読みたくない?

 そういわずに


 最終日は能登半島をいろいろと見てきました

 つっても、崖がメイン

DSC_0362.JPG
巌門

 個人的にはこちらのほうが、東尋坊より盛り上がったw

 天候が余りよくなく(雨が降ったり霰が降ったり)だったためか、観光客もほぼおらず、寒い中震えながら(コート着てなかった)見てました


DSC_0363.JPG
巌門洞窟

 入り口です。降りれそうだけど、どこまで続くんだろう?

 天候も悪いし、狭いし足元割るそうだなぁ、と思いながら恐る恐るちょっと入ってみました


DSC_0364.JPGDSC_0365.JPG
 洞窟を抜けるとそこは隠れ場だった


 てか、洞窟はすぐ終わりました……よくよく考えたら洞窟内から出口を撮ってなかった

 いや、天井が低くて足元が濡れてたので、天井に頭ぶつけないか、転ばないか、そればっかり考えていたんですよ


DSC_0367.JPG
 なんか、滝っぽいのもあった、よくわからんw



 続いて、昔のゼロの焦点でのロケ地にもなったらしい崖



DSC_0370.JPG
 ヤセの崖

 
 覗きこむとヤセる思いいがするということでのネーミングらしいです

 そうです、こういう崖を期待していたんですもともとは、うん、わたくしは東尋坊自体がこんな感じだと思ってのですよ

 いや、何かで、崖近くの柵に座って写真撮影している最中に突風にあおられて落ちたとか、そんな描写の内容がある本を読んだことがある気がしていたので……

DSC_0372.JPG
 なんだったか、義経絡みの場所。ヤセの崖と掛かれてた場所から400mぐらい歩いたところ

 というか、巌門も含めて、義経絡みの伝説(?)が多かったです


 その後、輪島へ行って、漆塗りをみると見せかけて昼食

 そば禅さんというところで食べました。適当に見つけたところ、と入ったわけですが、なんか、そこそこ有名だったようで


 雪割草という輪島の日本酒も飲めましたし、個人的にはよい感じでした

 写真? 撮ってません><

 自然薯だけでそば粉を固めているらしいです

 とりあえず、とろろそばを食しました


 その後は車で穴水とか言ったりしたのですが、雨だったこともありあまり、見れずというか、道の駅行きたかったのですが、比較的期待していたようなものが売っていなかったり立ったので、さっさと帰宅時に乗る飛行機が出る能登空港へ

DSC_0373.JPG
 能登空港入り口にあったオブジェ


 勝手に「ゆめのと」って字が全部合わさったのかな?

 と思いもしたのですが、たぶん普通に“の”と“と”だけなのでしょう

 そんな感じで、3日のこと書くのに何日かけているんだ、という話ですが、楽しくいい骨休めとなった旅でした
posted by 希 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52154988

この記事へのトラックバック