2013年05月11日

闇の喇叭



 戦後、日本は南北に分断され、北海道は独立国家となった。
――平世21年。私的探偵行為を禁止する法律が成立した現代。少女・空閑純は、かつて名探偵として名を馳せた両親に育てられたが、母親はある事件を追う最中に行方不明となっていた。母の故郷に父とともに移住し、母の帰りを待つ純だったが、身元不明の他殺死体が発見され、父子は事件に巻き込まれる!(裏表紙より)

 有栖川さんの新シリーズ……うん、ノベルス落ちしたから買いました。if的な設定の似て非なる日本が舞台

 なんか、どっかのお隣の国をほうふつとさせる設定ではありますが、うん、なるほど……しかし、これって、わたくしの定義だとライトノベルになるのかなぁ?w

 さて、探偵行為が禁止された世界で友達の母親の疑惑を果たすため探偵行為ととられてもおかしくない行動に出るソラと元名探偵の父……

 何と言いますか、if的世界ということもあり、どちらかというと世界観に対する説明といいますか、慣れといいますかそういったものを前面に出しているのかなぁ、という気はしました

 うん……正直自分が第2弾と第3弾をノベルス落ち待てるか非常に不安ですw

nozomu.gif31
posted by 希 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67098596

この記事へのトラックバック